「のし」のマナー

「のし」のマナー

「ありがとう」の想いを込めて贈るお歳暮。
お歳暮につける熨斗(のし)の書き方や「のし紙」についてです。

 

のし紙はどれを選ぶ?

のし紙は「紅白の蝶結び」が一般的です。
紅白の蝶結びは、何度も繰り返したい喜ばしいことに使用されます。御歳暮であれば右上に「のし飾り」のあるものにしましょう
※生ものには「熨斗飾り」は不要。(詳細は下記に記載)

 

絶対に間違えたくないのが、白黒ののしです。これは「仏のし」と呼ばれ、二度と繰り返したくないお悔やみ事に使うのしだからです。

 

語句解説
※「水引き」とは、のし紙の中央かかるリボン(蝶結び)部分の模様のことを「水引き」と呼びます。
※「のし飾り」とは、お歳暮用ののし紙右上にある、ひし形を飾りのことです。現在は「熨斗アワビの飾り」が印刷されたものが一般的です。

 

書き方

のし紙に書くのは「御歳暮」と「自分の氏名」の2点です。
中央にかかる水引きの上に「御歳暮」と書き、その真下であるリボンより下に自分の名前をフルネームで書きます。どちらも、のし紙の中央に位置するように、また水引きにかからぬよう注意しましょう。
※「御歳暮」「お歳暮」のどちらでもOKです。

 

ボールペンはNG

のし紙は、基本的に筆で書くものです。
筆ペンでも良いですが、ボールペンは避けましょう。

 

連名、複数の名前を書きたい時は

連名にしたい時は、年齢や立場が上の人を右にします。立場上や同等関係を示したい際には五十音順でOKです。複数名書きたい場合でも、記入するのは3名程がよく「他一同」といった表現も使えるといいですね。

 

夫婦の場合

夫婦で贈る場合は、ご主人のフルネームのみを書くのが主流です。
二人の名前を記す場合は、中央に名字を書き、その下に左右にそれぞれの名前を書きます。

 

ネットでの名入れはどうする?

ネット通販や宅配サービスを利用する際には「名入れ有」と「名入れ無し」があります。
きちんとしたい正式な御歳暮には名入れは必要ですが、友人や親しい間柄等のカジュアルなものであれば名入れ無しでもOKです。

 

喪中の時はどうする?

お歳暮は感謝の気持ちを表すもの、喪中の方に贈るのはOKです。マナー違反にはなりません。
しかし、のし紙には注意が必要。
※四十九日は避ける方が良い場合も多いので、そこは地域の風習に従いましょう。

 

相手が喪中の時には、のし飾りもない「無地短冊」を使います。
無地短冊というのは、言ってみれば何も印刷されていない無地の紙です。リボンの印刷も無しです。
短冊の上に「お歳暮」、下に紅白のしはめでたい事に使うため、くれぐれもカラーの紅白のしは避けましょう。

 

のしをつける位置

一般的に、相手に会って直接手渡しする場合は包装紙の上からのし紙をかける「外のし」、通販や宅配サービスを利用する場合や控えめな贈り物とした場合は、品物に直接かける「内のし」とされる事が多いです。ただし、地域差があるので各地域の風習や習わしに従うことをオススメします。

 

《注意》生ものを贈る時はのし飾りは不要

生ものを贈る場合は「熨斗(のし)」飾りの無いのし紙を選びます。
※熨斗(のし)とのし紙は別のものです。

 

具体的にいうと、海産物・お肉・ハム・カニ・鰹節等です。

 

これらを贈る場合は、のし飾りのないものを。
元々、「熨斗(のし)」は、不老長寿の食べ物とされる縁起の良いアワビを薄く伸ばした縁起物として添えていたことが由来です。生ものの代用品として使われたため、贈り物自体が生ものの場合は重複を避ける意味で熨斗飾りのないのし紙を選びましょう。

 

2017年現在は、自分へのご褒美として「自分買い」も御歳暮のトレンドに上がっていますが、のし紙の使い方の練習にもなりそうですね。