[ダイキン]MCK70VとMCK55Vの違いは?比較してみた

[ダイキン]MCK70VとMCK55Vの違いは?比較してみた

この2つを比較します!

加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70V
加湿ストリーマ空気清浄機 MCK55V

 

どちらも加湿空気清浄機。

最も大きな違いは、対応面積!

MCK70VとMCK55Vの違いは、一言でいうなら「どれくらいの広さで使うか」です。

 

MCK70V→広めリビング
MCK55V→寝室や子供部屋など

 

数字が大きい方が対応面積が広いのは分かりやすいですね!

大きさから比較

通常製品が1つ使用しているストリーマをMCK70Vでは2つ使用しています(ツインストリーマ)。最大適用床面積も31畳です。

 

一方のMCK55Uは、寝室など小さめの部屋向け。

 

大きさも、横幅27センチと小型で、最大適用床面積は25畳。ストリーマも一つなっています。

展開カラーで比較

MCK70Vは、ホワイトとビターブラウンの2色。

 

MCK55Uは、ホワイト、ディープブラウン、ソライロの3色展開です。

 

デザイン性の高いスリムなタイプなので、お部屋インテリアに合わせて選びやすいのは小回りの効くMCK55Uですね。

集塵フィルターで比較

上位モデルのMCK70Vは、強い風量での連続使用にも耐えられるようにTAFU(タフ)フィルタが採用されています。

 

MCK55Vは、HEPAフィルター。

まとめ

上位モデルは、ツインストリーマ搭載のMCK70V。
脱臭や花粉対策をシッカリしたいときにもオススメです。

 

一方のスリムなMCK55Vは、加湿するための給水タンクが上の方にあるので、給水作業が楽という面もあります。

 

また、多少ですが静音性が高いのもMCK55V。

比較表

上記内容も含めて一覧で比較できる表です。

 

購入時の参考にどうぞ〜!

比較 mck70v mck55v
発売 2018.9.20 2018.9.20
カラー 2色(ホワイト/ビターブラウン) 3色(ホワイト/ディープブラウン/ソライロ)
幅x高さx奥行 395x600x287 mm 270x700x270 mm
ストリーマの数 2個 1個
集じんフィルター TAFUフィルター HEPAフィルター
重量 12.5 kg 9.5 kg
最大適用床面積 31畳 25畳
加湿適用畳数 ・木造和室 11畳

・プレハブ洋室18畳

・木造和室 8.5畳

・プレハブ洋室14畳

タンク容量 3.6 L 2.7 L
加湿量/h 650 mL 500 mL
フィルター寿命 0010年 0010年
騒音値 54db 53db
最大風量/分 7 cm3 5.5 cm3
清浄時間 9分 11分
PM2.5対応
PM2.5除去率 0.1〜2.5μmの粒子を99%除去 0.1〜2.5μmの粒子を99%除去
花粉モード
脱臭機能
スマホ連携
対応センサー ニオイセンサー/ホコリセンサー/温度センサー/湿度センサー ニオイセンサー/ホコリセンサー/温度センサー/湿度センサー